乾燥やアレルギーで我慢できない皮膚の痒み対策方法

アレルギー敏感肌

こんにちわ。優利です!
私は皮膚アレルギーで悩んでいて、20年以上皮膚科通いをしています。

人間、痛みは我慢できても、かゆみはなかなか我慢できないものです。皮膚科の先生に教わったかゆみ対策に個人的な経験もプラスして、かゆみ対策をまとめておこうと思います。

今すぐ!かゆくて我慢できない時の対策

冷やす

基本ですが、冷やすとかゆみは軽減します。保冷剤や氷、冷たいもので冷やしましょう。保冷剤等は皮膚に直接当てず、薄手のタオルでくるむか、洋服の上からあててくださいね。また、冷やしすぎると、保冷剤を離した瞬間血流の勢いが増すせいか、かゆみが増す気がするので、ほどほどに!

清涼感のある(メントール配合)塗布薬

こちらは個人的な対処方法なのですが、やっぱりスーッとする塗り薬は、痒みがだいぶ収まります。体用や頭皮用など、清涼成分・メントールが配合されている塗布薬はたくさん市販されています。「メンソレータムADクリーム」などが有名でしょうか。個人的にはすごく助かっています。もちろん、刺激が強すぎると感じる方、体質的にあわない方は使用しないでくださいね。

※追記です。この類のカユカユ薬をいろいろ試していましたが、最近買った「メンターム EXプラス」がかなり良い感じで痒みが収まりました。個人的な感想ですが、ぜひお試しください!

清涼感のある塗布薬(刺激:強)

これはもっと個人的な対処方法で、皮膚に刺激を与えてしまう方法ではあるのですが… 最終手段として、強いメントールの配合された虫刺され用の塗り薬をチョンとつけます。「ムヒ」「ウナクール」などですね。

ヒリヒリしみて痛いので、一瞬にして掻きむしりたい気持ちが消失します。多分あまり良くないことですが、肌をかき壊してしまうよりはマシだと思って、結構やってます。

絆創膏や手袋で物理的にガード

ガリガリひっかいてしまうと皮膚を掻き壊してしまいます。患部が小さいようなら絆創膏を貼る、足全体等の時はストッキングをはいてしまう、就寝時なら(爪を立ててかきむしらないように)おやすみ手袋、といった方法でガードしてしまいましょう。おやすみ手袋は100均で売っています。

掻かずにグリグリ押す

掻いて皮膚を傷つけてしまうのが一番ダメなので、爪を立てず、指の腹でグリグリ押してみます。たまにやりますが、この作戦でも掻いた時と似たような快感を覚えますよ。

ちょっとだけ掻いちゃう

最終手段ですが、もうどうにも我慢ならない時は掻きます。ただし、心の中で「10回だけ掻く!」と決めてから掻きましょう。

抗ヒスタミン剤

速攻性は無いので番外編なのですが、一応正統派な対処法も書いておきましょう。皮膚アレルギーでお悩みの方はご存知かと思いますが、かゆみを引き起こす物質として有名なヒスタミンを抑える薬を服用することで、かゆみから解放されます。

皮膚科で処方してもらった薬より効き目が薄い気がしますが、抗ヒスタミン成分の入った市販薬があります。病院になかなか行けない時は、これを買うしかないです。

皮膚科の先生に聞いた、日頃の皮膚アレルギー対策

アレルゲンから肌を守る

アレルゲン、つまり、アレルギーの原因物質が判明している場合は、その防御対策をしましょう。花粉だったら、帰宅時に服を払う、布団を外に干さない。ダニだったら、家をこまめに掃除する、布団を清潔にする。等です。

自分が何のアレルゲンに反応して症状が出るのか把握していない方は、皮膚科で特異的IgE抗体検査(生活環境アレルゲンに対する血液中のIgE抗体濃度を測定)という検査をしてもらうこともできます。

肌の保湿でバリア機能を保つ

肌の乾燥でバリア機能が低下すると、ちょっとした刺激にも敏感になってしまうので、肌を乾燥させないことが何より大事。保湿液、ボディクリーム、ワセリンなどで保湿しましょう。

生活習慣(喫煙)

当然といえば当然ですが、いつも言われます。「禁煙せよ」と…

食習慣

食生活で言うと「添加物をなるべく避けるように」とのことです。今どき添加物を避けて生きることは難しいと思うので、外食を減らせば良いという意味に理解しています。

肌着は木綿がベター

肌に直接触れるものは、できるだけ化学繊維にしないようにとのことでした。

肌着で言えば、女性の方限定ですが、寝る時のおやすみブラがとってもオススメです。皮膚科の先生に診てもらった時言われたのですが、(恥ずかしい話ですが)乳首部分の皮膚は弱いので、ここに症状が出てかゆかったり擦れて痛かったりする人は多いそうです。

本来は、バストの形くずれ的な目的みたいですね。私は最近おやすみブラを購入しましたが、本当に快適なので毎日着用しています。寝てる時、Tシャツに擦れて痛かったんですよね… 

これは本当におすすめです!愛用しすぎて、もう手放せません!

入浴で温まりすぎない

冷やすとかゆみが収まるの反対で、温かくなるとかゆくなります。入浴は短めに!私はお風呂上がり顔が赤くなってかゆいのですが、温熱アレルギーというのもあるようです。

ちなみに、体を洗う時のタオルも化学繊維のゴワゴワしたものはNGだそうで、本来は手に泡をつけて手で洗うくらいが良いんだとか… さすがに手だと洗った気がしないので、私は天然素材の柔らかいボディタオル?を使用しています。

 

以上、皮膚科の先生から聞いた話半分、私の個人的なおすすめ半分なのですが、参考になればうれしいです。

かゆいのつらいですよね。意外と悩んでいる方は多いので、一緒にがんばりましょう!