マンションリフォームで使った壁紙・アクセントウォールを一挙ご紹介

リフォームで使った壁紙いろいろ お役立ち

こんにちわ。
中古マンションを購入してのフルリフォーム、壁紙編です。

特に壁紙はリフォーム会社さんからカタログを何冊も借りてきて吟味したのですが、実物とはいえ、やはり広い面に貼るのとは雰囲気が全く異なる(広い面だと明るい色に見えがち)ようなので、誰かの参考になればと思い、写真を掲載しておこうと思います。

アクセント壁ははっきりとした濃い色がおすすめ

日本の家はやたら白い壁紙が多いですが、海外ドラマとかを見ていると、家の中全体が真っ白なんていうのは珍しいんですよね。賃貸住まいだと否応無しに白い部屋が多いと思うので、せっかくなら好きな色の壁紙にしたいところです。

しかし、部屋全面が赤とか黄色とかだと、ちょっと疲れそう、失敗したら怖い、飽きるかも…ということもあり、アクセント壁(部屋の1面だけ色を変える)が人気なんですよね。

しかしよく見かける失敗談としては、「アクセント壁にしたのに、よくわからない」が多いです。アクセント壁部分に薄いブルーや薄いグレーなどを使うと、あまり目立たずアクセントになってないという後悔です。なので、アクセント壁は思い切ってある程度濃い色を使うのがおすすめです。

青いアクセント壁に最適!シンコール BA5074

シンコール BA5074はカタログ内でもアクセント壁に使われていた人気壁紙です。

シンコール BA5074

青といってもやや黄色味のある、いわゆる藍色のような馴染みやすい青です。色の濃さも濃すぎず、本当におすすめな壁紙です。

シンコール BA5074は落ち着いた青

※濃い色の壁紙は掃除機や家具などで擦ってしまうと目立つので注意(覚悟)が必要です。

洗面所の濃いグレーはシンコール BB1229

洗面所は濃いグレーにしたかったので、こちらはシンコールBB1229に即決でした。余計な青みの無い純粋な濃いグレーです。

シンコール BB1229

うちは洗面台のボディ部分が黒いカラーのものですので、モノトーンでかっこよく決まりました!

シンコール BB1229は濃いグレー

洗面所リフォームについてはこちらの記事でも書いています。

マンションリフォームの成功した点・後悔した点~洗面所&洗面ドレッサー編
こんにちわ。 中古マンションを購入してのフルリフォーム、洗面所編です。 全体的にはかなり満足な仕上がりなのですが、やはり後悔ポイントもあるので、リフォームや新築を検討している方の参考になればと思い、書いておきます。 幅150cmあるの...

ちなみに、シンコールの「BB」という型番は商業用と書いてある方のカタログに掲載されていました。

黒に近い濃紺シンコール BA5234

こちらはトイレの一部の壁紙に使用しましたが、シンコール BA5234という紺色です。カタログの一番右のものです。パッと見は黒に見えるかもしれません。

シンコール BA5231

後悔というほどでも無いのですが、どうせなら真っ黒でも良かったかなぁとも思っています。

シンコール BA5231は濃紺

黒や濃紺などを狭いトイレ全面に貼ってしまうとかなり圧迫感が出ますので、暗い壁紙は一部に使うか、床は少し薄い色にするのがおすすめです。

寝室はアースカラー・薄い茶色のシンコール BA5231

寝室は特にこだわりもなく何色でも良かったのですが、茶色や緑などのアースカラーが良いという噂だったので、茶色のシンコールBA5231にしてみました。

シンコール BA5231

カタログは上のものと同じページにある一番左の色です。BA5231は赤みのある薄い茶色、BA5232は濃い紫、BA5233はくすんだ赤、BA5234が濃紺というイメージでした。

シンコール BA5231はほどよい赤みのベージュ

こちらの部屋は北側の部屋で、照明も電球色の暗いものしか入れていないのでうまく撮影できませんでした…

白い壁紙は一切使用しない家に(シンコール BA5123)

廊下や天井、アクセント壁以外の部屋の壁紙は、白を使わず全部薄いグレーにしてみました。

「白を一切使わないとどうなる?」みたいな疑問もありますよね。壁紙の白は、むしろ「白すぎてチカチカする」という後悔の声が多いようだったので、いっそのこと、全部薄いグレー・にしてもらいました。

シンコール BA5123

カタログの余白部分が真っ白なので、それと比べると若干くすみカラーというかグレーなのがわかります。

うちは床が白系(薄いグレーベージュ)なので、壁もグレーにすると変かな??という心配はあったのですが、真っ白な巾木を挟むので全然大丈夫でした。

シンコール BA5123は基本クロスとしても使用可能

空気清浄機と巾木部分が純粋な白です。ダークブラウン木目の建具に挟まれた部分が、うちの家全体に使っているシンコール BA5123になります。微妙にグレーです。

そして、全体がグレーだと部屋が暗くなるかな?という心配もあったのですが、こちらは全然大丈夫でした。むしろ落ち着いた雰囲気で良い感じです。

サンゲツのムーミン柄の壁紙 FE6306はとても素敵

サンゲツのムーミン柄 FE6306

こちらはひと目ぼれして即決したムーミン柄です!基本的に自分が過ごす時間の長い仕事部屋にアクセントで使用しました。(というか、こういった柄モノの壁紙は全面使うと、無駄が出てしまうとかで柄合わせが難しい?ようです。)

ムーミン柄FE6306は、クリーム色に近い白地に温かみのあるグレー色で木や草の模様が入っていて、よく見るとムーミンと仲間たちが隠れています!これはめちゃくちゃにかわいい…

サンゲツのムーミン柄 FE6306は超おすすめ

キャラクター壁紙ですが、キャラクターを前面に押し出してないデザインなので飽きません(たぶん)。超おすすめ柄の壁紙です。

個人的にカーテンは無地が好きなので、壁紙もカーテンも全部無地だとちょっと寂しい感じになるのですよね。なので、部分的に柄付きの壁紙を採用するのもバランス的にも良いかなと思っています。

サンゲツのムーミン柄の壁紙 FE6317も個性的で素敵!

ムーミン側がかわいすぎて、どうしてももう1つ使いたいと思い、嫌がる夫を説得しつつウォークインクローゼット部屋にも使用しました。こちらはサンゲツ FE6317という品番になります。

サンゲツ FE6317

深みのある青ベースでこちらも木・森のようなデザインがメインなので、パッと見はムーミン柄とは気づかないくらいのキャラクター壁紙です。

サンゲツ FE6317はひっそりムーミンが隠れている

よく見るとムーミンたちが隠れています。こちらも超おすすめ壁紙です!

以上、うちのマンションリフォームで使用した壁紙を一挙公開でした!
本当はクッションフロアもまとめて書こうと思ったのですが、長くなりすぎたのでまた次回に。
それではまた!